理念・活動方針

〜 「考動力」と「一人一人のタイミング」 〜

ボヘミアフットボールアカデミー(BFA)では
“自ら考え、動き出す力”を育むために「考動力」
という言葉をチームコンセプトに活動しています。

また、選手一人一人の時間(タイミング)を大事にし、
それぞれ個々のペースで成長していくことをサポートしていきます。

“技術と駆引き能力を高め、プレーに自信を持つ”

BFAでは、自分のイメージを具現化する
「ボールコントロール技術」
を高めサッカーの楽しさの根本である
「相手との駆け引きを最大限楽しむ思考」
の両面を育み、選手が自信を持ってピッチに立てるように指導します。

また、プレーする人・見る人が共に楽しめるサッカーを理想とし、
常に自分が主導権を握りながら相手を “柔軟” に、また “圧倒的” に攻略出来る選手の育成を目指します。

 

“アイデア(問題解決能力)は選手自身が生み出す”

選手達は普段の生活の中で大なり小なり様々な課題に直面することでしょう。

BFAではそういった課題に直面した時、選手自身が考え解決するアイデアを生み出せるように指導します。

また、そのアイデアが正解・不正解に関わらず、
まずチャレンジ自ら行動・発信出来る人間性になるよう求めていきます。

 

“勝利への執念と素直な向上心を”

サッカーというスポーツにおいて、全ての成長の源は
「相手に勝ちたい」
というシンプルな気持ちだと思います。

その気持ちを強く持ち続けることが選手の成長に大切なのだと思います。

その<気持ち><執念>という言葉に変えて日々成長してほしいと思います。

また様々な出来事や情報やアドバイスを素直に受け止め、常に向上心を持ち、取り組むことを求めます。

 

“他者への思いやる心、礼儀、感謝の気持ち”

最後に、BFAでは自分以外の人間を大事にしてほしいという願いから、
礼儀と感謝の気持ちを表現できるように選手たちと共に取り組んでいきます。